So-net無料ブログ作成
検索選択

東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)

 銭湯の背景画の定番といえば富士山だが、東京都内の銭湯を中心に石川県にある見附島(通称・軍艦島)の絵が増え始めている。石川県の地元も感激し、絵の作者でペンキ絵師46年のキャリアを持つ中島盛夫さん(64)=練馬区=を観光大使にする話が持ち上がっている。

 能登半島沖に浮かぶこの小さな島は主に珪藻(けいそう)土でできていることで知られ、その風貌(ふうぼう)から軍艦島と呼ばれている。

 その絵柄が練馬区のニュー銭湯和倉で描かれていることを、見附島観光協会が2年前の夏、偶然インターネットの検索で知った。わが郷土のシンボルが東京で描かれていることに驚き、同協会は作者の中島さんと庶民文化研究家の町田忍さん(59)を見附島に昨年招いた。

 写真をもとに「イメージで描いていた」という中島さんだが、島を初めて見てからは、「引き込まれるような魅力がある」と本格的に描き始め、東京、横浜、川崎の銭湯でこの1年で約10軒描き、トータルでも30軒以上に達した。

 2月中旬には同協会の田崎正彦会長(65)ら11人が上京し、見附島が描かれている銭湯を見学。見附島のある珠洲(すず)市では中島さんを観光大使にする案が浮上しており、ペンキ絵を介しての交流はますます活発になりそうだ。

【関連記事】
銭湯に熱い思い 高崎の会社員、自費で紹介本
“銭湯ランナー”増加中 大阪国際女子マラソンコース周辺
ゆったり、ずっーと…冬至で「ゆず湯」
日帰り入浴施設が人気 ホテル・旅館ため息「宿泊がベストだが…」
レトロな湯、味わって 関西のガイド本発売
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<北海道4児死亡>車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)
参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長(産経新聞)
大宅賞に上原、川口両氏(時事通信)
えっ!板東英二が「GReeeeN」脱退!全国各地でエイプリルフール大騒ぎ(スポーツ報知)
答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。